忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 やっぱり米軍の戦闘機実戦配備図があると他国機と比較しやすいはず。で、描いてみたら、陸軍機だけでスペースが一杯になっちゃった。
komeerikusen.gif
  ※クリックにて年表がポップアップウィンドウが開きます
 気を取り直して、米陸軍航空隊の戦闘機を見ていきましょう。まず、年代と全体の配備状況を考察すると、ヨーロッパがきな臭くなって来た1936年からの3年間はP-36ホークとセバスキーP-35というショボイ機体しか配備していません。まあP-36ホークに関してはフランスやフィンランドに輸出さSeverskyP35.jpgれてそれなりの働きをした機種となってますが、イギリスのハリケーンと比べれば貧弱なものです。
 WWⅡ勃発となったドイツ軍のポーランド侵攻で英・仏がドイツに宣戦布告した時点では、米国は中立国という立場ながら、P40ウォーホーク、P-38ライトニングを急ぎ配備していきます。また、英国及び英連邦諸国向けにも同機種を輸出向けに量産しています。結果的にP-38ライトニング初期型はまだ未成熟な機体で輸出を見送り、P-40ウォーホークを英国を始めとする英連邦諸国にレンドリースという形で輸出し、その傍ら、太平洋岸の防衛力強化を目的としてハワイやフィリピン、オーストラリア方面へP-40ウォホークとP-39エアラコブラを現地配備していました。結果的に、日本海軍の真珠湾攻撃・フィリピン攻略作戦によって、ゼロ戦二一型や隼1型という敵戦闘機相手にこの2機種は全く敵わず、現地飛行場は徹底的に破壊されて太平洋戦線はいきなり劣勢に立たされる事になります。しかし、海軍がミッドウェー海戦で逆転して、その後は陸海軍共闘で島嶼戦を制して日本を敗戦に追い込む事になってます。
 ヨーロッパでも1941年にドイツへ向けて宣戦布告を行ないヨーロッパ戦線ではP-51ムスタングを登場させますが、まだB型は加給器無しのアリソンエンジン搭載機の為、パッとしていません。
 米本国では兵器戦時量産体制を急ピッチで推し進め、物になりそうな戦闘機(P-51ムスタング、P-47サンダーボルト、P-38ライトニング)の更なる改良も急ぎ、1942年にP38G.jpg加速力と航続性能を強化したことによって開花したP-38Gライトニングが1942年から戦線に登場させます。P-51ムスタングもB型・C型でマリーンエンジンをライセンス生産したパッカードエンジンに換装し見違えるような飛行性能を発揮しだします。
 翌1443年には2機種とも名機と称えられる事になるP-51ムスタングのD型と、P-47サンダーボルトのD型を配備出来るようになり、英連邦諸国と組んでドイツから制空権を奪う主役に躍り出る事になります。
 実際にこの図からでも、1943年からの実戦配備機種を見ると、敵国が羨望するほどのバランスの取れた機種タイプが揃っていて、この年から守勢から攻勢へと変わったのも容易に想像つきますし、それらの機種が物量的にもどんどん前線に配備されてくるのだから、枢軸軍は各地で制空権を失います。
 夜間戦闘専用機のP-38MライトニングとP-61ブラックウィドウ。P-61ブラックウィドウは高価で最新技術の塊のような夜間レーダを搭載した専用機で配備数は少なかったが頼りになる存在でした。また、P40ウォーホークは序戦で日本軍戦闘機にボコられた機種でありましたが、F型以降はその運用しやすい頑丈さと急降下性能を活かした戦闘爆撃任務で活躍しました。
 P-39エアラコブラとP-63キングコブラは、戦闘機としては運動性が全く悪く米陸軍機としては全く活躍しなかったが、レンドリースしたソ連ではプロペラスピナー内に配した大口径機関砲が重宝がられて、対戦車攻撃機として活躍してしまうから、不思議なものです。
 異端な機種としてはP66バンガード。ヴェルディ社の制空戦闘機VulteeP-66Vanguard.jpgですが性能もパッとせず、スゥエーデンなどへの輸出向けでしたが、スゥエーデンが中立宣言した事により輸出は実現せず、少数ながらアメリカ陸軍で防空戦闘機として配備されそのまま実戦に使用されずに短命に終わっています。
 P-54Aエアラコメットは終戦直前にやっと30機が完成しますが、運動性および速度が当時のレシプロ戦闘機よりも劣るものであり、実戦への参加は見送られています。
 
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 masa206
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
Task-M
Task-M by masa206
ブログ内検索
最新コメント
PR
最新トラックバック
アナライズ
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
忍者サイトマスター

カウンター