忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 現在、第二次世界大戦時における軍用機の横顔画像集を、ズガンダという図鑑サイトでちょこちょこと製作中です。今日、アメリカの陸軍航空隊と海軍の二つの横顔図鑑がやっと完成しました。左ペインにリンクさせています。

 Googleの画像検索で目当ての軍用機の画像を探して、解像度サイズを合わせて説明文をつけて掲載してゆくんだけど、そもそも適度な横顔画像が無かったり、画像のコントラストを合わせたり色ボケしてたら彩度修正を行なったりして、手間がかかるけど楽しいや。

 気に入って使っているズガンダ図鑑サイトですが、図鑑登録時に使い勝手が悪い面が一箇所だけあります。それは、アイテム登録の順番がそのまま図鑑順番になってしまう事であります。あとで図鑑の順番を変更できないので、軍用機の新旧機種の順番や、用途別のグループとして登録してゆくには、ヌケがあってはならないのです。
 実際、WWⅡ米陸軍図鑑では、P-61ブラックウィドウの登録を忘れていたのを後で気がついて、P-62とYP-60Eの間に登録したかったので、YP-60E以降の機種を一旦全て削除して、登録順を整えなおしました。

 さて次は、英国空軍と英国海軍の横顔図鑑を作ろうと思いますが、イギリスってそもそも色んな機種を開発設計してるし、アメリカからレンドリースされた機種も多いし、登録忘れが何度も出そうで怖いやん。

 ところで、Google画像検索していると、鹵獲機とか輸入機とかで意外な国の国籍デカールを見かけることがあります。

 上図は、日本製のキ43一式戦闘機隼ですが、上から順にアメリカで鹵獲された機体、フランスで鹵獲された機体、タイ王国空軍に引き渡された機体、インドネシア人民治安部隊に引き渡された機体となっています。デカールや塗装が違うとイメージがかなり違うものになりますね。しかし、インドネシアのは、第一次インドシナ戦争の時に使用されたものらしいですが、デカールが日の丸と似ていて、戦時中だったら日本軍と間違われて連合軍に撃たれそうです。
 
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


 masa206
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
Task-M
Task-M by masa206
ブログ内検索
最新コメント
PR
最新トラックバック
アナライズ
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
忍者サイトマスター

カウンター